鍼灸による自律神経失調症・うつの治療

初めての方へ

当院の施術について

症状別施術の説明

当院の治療事例

初めての方へ

当院の施術について

症状別施術の説明

当院の治療事例

自律神経失調症・うつ治療専門の平井鍼灸院 > 症状別施術の説明 > 自律神経失調症とホルモンバランス

自律神経失調症とホルモンバランス

平井鍼灸院 院長 梅田

ご覧いただきありがとうございます、平井鍼灸院の院長を勤めております院長の梅田と申します。今回は、自律神経失調症やうつ病の治療をするうえでの「ホルモンバランス」ついて説明をさせて頂きます。

自律神経失調症という状態は、交感神経というストレスに反応する神経の過緊張から症状を呈する状態を言います。人間の体はホルモンバランスという、代謝反応をつかさどる機能で成り立っています。このホルモンバランスの調整が出来るようになると、自律神経失調症で苦しんでいる方の症状は軽くなるのです。

自律神経失調症に関連するホルモンの働き

脳の下垂体という場所から出るホルモンがあります。今回は脳の下垂体から出るホルモンです。

下垂体前葉ホルモン

成長ホルモン

成長を促進するホルモン。炭水化物、たんぱく質、脂肪の代謝を促す。血糖値にも関係しているので、副腎皮質ホルモンの分泌と関連性がある。交感神経の緊張で働くのが、副腎皮質ホルモンです。

甲状腺刺激ホルモン

甲状腺ホルモンの生成と分泌を促すホルモン。交感神経の働きに関与しているホルモン。甲状腺は代謝反応を促進し、エネルギーを生成します。このホルモンが働くとき、体はストレスと戦っている状態になります。

副腎皮質刺激ホルモン

副腎皮質ホルモン(糖質コルチコイド・副腎アンドロゲン)の生成と分泌を促す。糖質コルチコイドというのは、自律神経の交感神経が緊張したときに出るホルモンで、ストレスホルモンともいわれる。ビタミンCが急速に使われてしまう為、体の免疫力や回復力に大きな影響がある。

下垂体中間部ホルモン

メラニン細胞刺激ホルモン

メラニン細胞を刺激し、皮膚を黒くする。体に日光があたり紫外線が照射された際に、皮膚に作られる免疫反応を促進するもの。体のバリア機能の1つ。

下垂体後葉ホルモン

オキシトシン

子宮を収縮させるホルモンで、陣痛促進剤としても用いられる。自律神経に対しても大きな影響がある。愛性ホルモン、恋人ホルモンとも呼ばれ、大脳辺縁系に作用して充足感や安心感を得られ、リラックスできる。これは副交感神経の働きを促進する働きがある。

抗利尿ホルモン

腎臓での水分の再吸収を促し、尿を凝縮させる。その結果血圧を高める働きがある。バゾプレッシンと呼ばれる。自律神経でいうと交感神経が働いている時に出るホルモンです。血圧上昇と尿の凝縮は、より体の緊張感を高めてこぶする働きがあります。

松果体

メラトニン

メラトニンは暗闇が目に認知されると放出される。通常の睡眠サイクルの調節をする助けをしている。人は年を取るほど、メラトニンの分泌量が少なくなるという研究結果があります。そのため、若い人は比較的睡眠に問題がないのです。

メラトニンの原料は、食事で摂取されるトリプトファンです。トリプトファンにいくつかの酵素が働いてセロトニンが出来ます。さらに別の酵素が働いてアセチル基とメチル基がくっついてメラトニンが出来ます。

メラトニンは脳の松果体において、トリプトファンからセロトニンを経て合成されるインドールアミン誘導体で、人では夜間上昇し、日中の約10~20倍に達する。
生体リズムの調節作用催眠作用、深部体温低下作用などの作用を持っているので、自律神経失調症の方の体質に大きな影響を与える。

ホルモンバランスの基礎知識が何故必要なのか

自律神経失調症に関係するホルモンバランスの治療の様子

自律神経とホルモンは密接な関係があります。それらを把握することがまず大切なので、脳の下垂体から生成されるホルモンを説明していきました。ホルモンというのは一生を通してティースプーン一杯分も出ないほどの量なのですが、体に対して大きな影響を持っています。まず、どんなホルモンなのかを知ることで、セルフケアなどで自律神経失調症やうつ病に対応出来るようになります。

ホルモンとは、内分泌腺ともいわれる腺器官から、血液やリンパ液など体内に分泌される物質がホルモンといわれています。ホルモンは、血液やリンパ液などに分泌された後、血液などによって運ばれ各器官の活動を調節している。
ホルモンはごく微量で特殊な働きをする伝達物質であるといってもよいでしょう。ホルモンは過剰でも減少でも、体に異常が起こります。
主に、下垂体、甲状腺、副甲状腺(上皮小体)、副腎、すい臓、卵巣、清掃、胎盤などから分泌されるが、松果体、視床下部、消化管粘膜、胸腺などからも分泌されているといわれています。

ホルモンバランスの調整をする方法

ホルモンバランスを調整するには、運動、食事改善が必要です。体に熱を産生し体を正常な働きに保つことが大切です。

体の体温を上昇させる

体の体温は、主に内臓の働きを正常化する為に必要です。体の深部体温は外気温には左右されない体温です。その変わり体の中を流れる血液やホルモンバランスによって一定の温度に調整されています。そのために必要なのは、運動です。
運動は体を動かすという意味になりますが、10分でも30分でも良いので習慣で行うことが重要です。

お勧めしている運動法

ポイントは大きな筋肉を動かすことで血流を効率よく促進させるということです。

食事改善

自律神経失調症に関係するホルモンバランスの治療の様子カフェイン、砂糖、小麦(パンや麺類)を少なくするように調整しましょう。この3つの食べ物は交感神経を緊張させたり、エネルギーサイクルを狂わせる食べ物です。なるべく取らないようにし、より体の正常な働きを保持する為に酵素を取りましょう。

お勧めしている食事

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以上です。

平井鍼灸院
院長 梅田俊

自律神経失調症と呼吸方法について

お客様の声

自律神経失調症の治療を受けたお客様

うつが東洋医学からのアプローチで良くなるとは、信じられないかもしれませんが、変な薬より効くと思います。

お名前
Y.Nさん
年齢/性別
お住まい
東京都江東区

▼ Y.Nさんの声 続きを読む

最初はどのような症状がありましたか?

うつ...*頭痛*気分が晴れない*調子が一定せず、乱高下*ただ、横になっているしかできない*いつも疲れている・眠たい

当院に通院するようになって最初の症状はどのように変化していきましたか?

気が付いたら、すべて消えていた(1ヵ月×週3回)

自律神経失調症の治療を受けたお客様からの声

体調が回復して1番良かったこと、嬉しかったことは何ですか?

会社の産業医から言い渡されていた退職勧告を取り消してもらい、休職期間まで様子見となった。一日中外出しても、翌日に影響しなくなった。

同じような症状で悩んでいる患者さんへアドバイスやメッセージがあったら教えてください。

3年間、精神科に通院し、投薬施術を受けていましたが、目立った改善はありませんでした。休職期間残り3ヵ月の時点で、「復職は無理」と産業医に見放されたため、こちらにお世話になりました。切羽詰まった状況をご理解頂き、施術してもらいました。健康と時間はお金で買えないので、先生を信頼し、すべてを委ねました。これが良かったと思います。うつが東洋医学からのアプローチで良くなるとは、信じられないかもしれませんが、変な薬より効くと思います。

※施術効果には個人差があります。

自律神経失調症の治療を受けたお客様

激しいパソコン仕事でも苦痛なくこなせるようになりました。

お名前
S.Wさん
年齢/性別
50才男性
お住まい
千葉県市川市

▼ S.Wさんの声 続きを読む

最初はどのような症状がありましたか?

よく眠れない状態と不安による神経の乱れ。慢性的な肩こり。

当院に通院するようになって最初の症状はどのように変化していきましたか?

徐々に不安は減少し、肩こりも定期的にケアしていただき、激しいパソコン仕事でも苦痛なくこなせるようになりました。

自律神経失調症の治療を受けたお客様からの声

体調が回復して1番良かったこと、嬉しかったことは何ですか?

日々の生活(特に仕事)で、不快に思う・後ろ向きなることなく、自信を持って過ごすことができ、充実した気持ちが湧いたことです。

同じような症状で悩んでいる患者さんへアドバイスやメッセージがあったら教えてください。

とにかく何もしないことが、心神両面に悪いことです。少しでも緩和するには、根気強い施術と最適なサポートを受けることからです。

※施術効果には個人差があります。

他のお客さまの声を見る

平井鍼灸院のご案内

営業時間

平日 9:00 - 12:00 15:00 - 20:00
土曜 9:00 - 18:00

定休日

木・日・祝

アクセス

平井駅から徒歩1分

所在地

東京都江戸川区平井4-11-3 サンライズエンドウII 4F
自律神経失調症・うつ治療専門の平井鍼灸院

連絡先

03-3683-7670(当日予約OK) メールはこちら

自律神経失調症治療の平井鍼灸院のご案内

自律神経失調症の診察・治療の空き状況検索・WEB予約
営業時間平日 9:00 - 12:00 15:00 - 20:00
土曜 9:00 - 18:00
定休日木・日・祝
アクセス平井駅から徒歩1分
所在地東京都江戸川区平井4-11-3 サンライズエンドウII 4F
自律神経失調症・うつ治療専門の平井鍼灸院
連絡先03-3683-7670(当日予約OK) メールはこちら
平井鍼灸院 院内の様子

院内の設備・様子を見る

施術までの流れ

鍼灸治療の予約

ホームページ経由のご予約で初診料が半額

治療・診察の予約お問い合わせ頂く際に、「ホームページを見た」とお伝えください。
インターネット限定割引が適用され、初診料2,160円を半額の1,080円とさせて頂きます。 その他施術メニューに関しましては、まずは患者様の自律神経失調症などの症状をしっかりとお伺いしてから決定致します。

自律神経失調症・うつの治療ご予約お問い合わせはこちらからお気軽に メール 鍼灸院の診察・治療の空き状況検索・WEB予約
自律神経失調症・うつの治療ご予約お問い合わせはこちらからお気軽に 03-3683-7670 メール 鍼灸院の診察・治療の空き状況検索・WEB予約
自律神経失調症の症状カウンセリング

症状はもちろん生活環境や仕事環境も伺います

自律神経失調症の症状や不安を伺いますカウンセリング票に記入をして頂きます。そのご施術室にご案内致します。
自律神経失調症の症状はもちろんのこと、あなたの生活面や仕事面で生じている問題に対してお話を聴いていきます。
本当の原因に気が付いた時、体に出ている症状を解消する為の方法にあなた自身が気づくことが出来ます。
私達はあなたの話を良く聴いて行くためにお時間を確保しておりますので、ご安心ください。

症状改善のための治療・施術

施術内容をご説明し、納得頂いた上で施術を始めます

検査を行った後、痛みのない治療で自律神経失調症を改善施術前にお体の状態を、東洋医学的に検査をさせて頂きます。
そのうえで自律神経失調症を治療するための施術内容の説明をし、あなたにご納得頂いた上で施術を始めますので、安心してお体をお任せください。
特に、はり施術が初めての方でも痛みがないように施術をしていきます。
衛生面にも気を付けており、あなたのお体を大切に扱う施術を提供しております。

詳しい流れを見る

よくある質問

自律神経失調症の治療に使う鍼はどれくらいの太さですか?

当院で扱っているはりは、全て使い捨てです。髪の毛が0.08mmくらいの太さですが、はりは0.16mmです。それぐらいはりは細いです。

鍼ってどれくらいの深さまで刺すのですか?

深さは刺鍼部位によっても異なりますが当院では、100%国家資格取得者が施術を担当しておりますので、決して危険なところに深く刺したりはしないため医療事故などの心配は全くありません。

まずどれくらいの頻度で通院するのですか?

どのように体を治したいのかによって変わります。
・急激に痛くなった症状の場合は、週に3回程度。
・慢性的な肩こり、腰痛などは、週に1~2回程度。
・自律神経の調整などは、週に1~2回程度。
※実際に施術担当者と相談のうえ決めていきます。

どんな服装で行ったら良いですか?

脱ぎ着がしやすく、リラックスしやすい服がよろしいかと思います。(短パンの貸し出しもご用意しております)

料金はどれくらいかかりますか?

自律心体療法で自律神経の調整をしていくと、平均7500~8000円程度。局所治療で筋肉や体が歪みを調整していくと、平均6500~7500円程度。
※その日の状態に合わせた治療内容によって異なります。

どれくらい時間がかかりますか?

初診時は90~120分かかります。問診時間15分、検査と治療説明20分、治療30分、治療後の変化の確認5分、最後に治療計画10分、お着替えなど所要時間10分。(合計:90分)
2診目以降は、自律心体療法60分、局所治療45分が目安です。

平井鍼灸院の口コミ(しんきゅうコンパス)

江戸川区の平井鍼灸院をご利用した方の

江戸川区の平井鍼灸院の口コミ・感想をもっと見る